×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

賃貸トラブルQ&A・タイトルロゴ

賃貸マンション・アパートにまつわるトラブル(騒音・漏水・煙草・訪問販売・鍵の紛失・共用部分・家賃の滞納・敷金返還・原状回復等々)を、下世話に、馴れ馴れしく、クドクドと、そして極めて偏った立場で解決を試みるサイト「賃貸トラブルQ&A」。役に立つ情報より立たない情報の方が多いかも。最初に謝っておきます。ゴメンナサイ。

賃貸トラブル・ライター

賃貸トラブル・プロフィール画像

Author : ぴーたん

賃貸住宅・火災保険等に長く携わる流れ者。よく出没する場所はホームセンターの駐車場。会う人逢う人に「スマホで宅建」をゴリ押しする「松本佳也推し」でもある。最近の趣味は「拭き掃除」とのこと。

賃貸トラブルQ&A  >  鍵・防犯トラブル  >  帰宅したらまず鍵をかけろ!!

賃貸トラブル・質問

また「危険ドラッグ」で事件だよ(怒)世田谷区北烏山で傷害事件だってさ。ドラッグだのハーブだの、販売行為をもっと取り締まれないの?

賃貸トラブル・隣人にいきなり襲いかかられるイメージ
賃貸トラブル・回答

「賃貸トラブル」的には、論点はそこじゃないな(笑)問題は、「被害者はなぜ鍵を閉めなかったのか」というところにあるぞ

2014年の流行語でもある「危険ドラッグ」大学生の意識調査だと「一度くらいなら構わない」と考えているようだが、NHKのニュース記事によると、なんでも今年だけでも既に100人以上が死亡してるんだとか。
この数字は「使用したことにより死に至った人」の数であり、吸引して暴走したとか殺傷した事件の被害者も含めれば、もっと数は増えるんだろう。
そんでまた、危険ドラッグが原因とみられる傷害事件が発生してしまったぞ。

①しぇしぇしぇのしぇー、だそうだ(笑)

まずは事件をおさらいしてみよう。
フジテレビの映像ニュースの書き起こしから抜粋すると、

危険ドラッグを使用したとみられる男が、隣人女性をナイフで切りつけ、現行犯逮捕された。男は、取り調べに対し、「しぇしぇしぇ」などと、意味不明の発言を続けた。
現場は、東京・世田谷区内のマンションで、3日午前7時すぎ、被害女性から「隣の人に刺された」と、110番通報があった。
被害者は37歳の女性で、事件当時、部屋の鍵をかけずに寝ていたという。
人の気配がして目を覚ますと、自分の部屋にあったナイフを持った田中容疑者の姿があり、突然、奇声を発し、顔や頭などを切りつけてきたという。

賃貸トラブル・田中勝彦容疑者画像

警察は、自分の部屋に戻った田中容疑者の身柄を確保した。
田中容疑者は、両腕をばたつかせ、「俺が刺した」と叫び、容疑を認めたという。


で、容疑者の部屋から危険ドラッグが見つかった、という顛末だそうだ。

②なぜ被害者女性は鍵を閉めなかったのか?

そう。賃貸トラブルを取り扱う当サイト的には、容疑者がハーブをキメてたとか職業不詳だとかキモイ笑顔でピースサインだとかはどーでもいい。
「被害者女性は、何故ドアの鍵も閉めずに就寝してしまったのか」ということだ。
ニュース映像に流れるマンションの外観から「現場」マンションの特定には成功したが、このマンション、オートロックすら備わってない物件なんだわ。

賃貸トラブル・世田谷区北烏山の某マンション画像

…なんでそんな物件で、無施錠で寝ちゃうのさ(呆)。
うっかり閉め忘れたのか、そもそも防犯意識が低かったのかは解らないし、今更責める気もない。
ただ「鍵さえ閉めてれば未然に防げた」事実だけを、俺たちは再認識する必要があるだろう。

③とにかく施錠を習慣にしろ!!

もうホントこれしかないよね。
帰宅したら、靴を脱ぐ前にまず鍵を閉める。この後すぐに出掛けるとか、友だちが遊びにくるとか関係ない。帰ったら真っ先に玄関ドアの鍵を閉める。ドアガード(チェーンロック)も合わせて掛ける。これを習慣化することだ。
下駄箱等目につくところに張り紙しといてもいいくらいだわ。とにかく鍵をかけろ。

そんでオートロックがついていようが、さらに関係ない
オートロックだからと油断して無施錠で寝ていたら○○されちゃった事件等は別の「鍵・防犯トラブル」の記事に書いてあるから読んでくれよ。
あともな。階数に関係なく盗難被害に遭うって話も、これたま別の「鍵・防犯トラブル」の記事にまとめてある。

とにかくまず施錠しろ。自分の身は、自分で守るしかないンだわ。

④あれ?別の記事だと「施錠してた」ことになってんぞ(笑)

後に上がった映像ニュースの書き起こしを読むと、

警視庁によりますと、女性は部屋の鍵を掛けていましたが、ブザーが鳴ったのでドアを開けたところ、田中容疑者が押し入ってきたということです

…んだよ話が180度変わってるじゃねーか(爆)
まあこの辺は近隣住人に裏を取れば判ることなんだろうが、例え施錠していたとしても隣人だとしても、易々とドアを開いてしまう行為自体が「迂闊」だと言わざるを得ないね。
ドアガードやチェーンロックってのは、こういう時に役立つンだわ。

つーかハーブキメてしぇしぇしぇになってたヤツが、わざわざドアチャイム鳴らして「おはようございます。隣の田中です」なんて言うのかね?
どっちにせよ、身に覚えのない訪問客に対してドアを開くな。賃貸生活の初歩の初歩だぜ。

【結論】隣人が「マトモなヤツ」とは、限らんのだ。

そう書かれると、ちょっとは防犯意識を高めてくれるかな?
今回の「田中勝彦容疑者」だって、入居前から「危ないヤツ」だったワケじゃないだろう。何らかのきっかけをもって「職業不詳」になり、ハーブをキメるバカに成り下がったんだろう。
隣人がある日突然不審者・変質者に変身する可能性は否定できないンだわ。

被害者女性の一日も早い回復を祈るとともに、この記事に辿り着いた諸君が一日も早く防犯意識を改めてくれることを祈るばかりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加